制作実績一覧

制作実績一覧

NetCommons2

東京大学 教員・TA間情報共有サイト

東京大学様の「教員・TA間情報共有サイト」に弊社製品のコミュニティモジュールを提供させていただきました。
また、ユーザーにより使用するモジュールが違うため、それぞれの権限に合わせた操作マニュアルを3種類作成し、ご提供させていただきました。

コミュニティモジュールはNetCommons2向けに弊社が開発したモジュールです。 今回、東京大学様よりNetCommons2で作成されたサイト上で会員同士の活発な交流を促すようにしたいとのご要望を伺い、弊社製「コミュニティモジュール」をご提供する運びになりました。 そのままではご要望に沿いきれない部分がありましたため、幾分、東京大学様向けにカスタマイズを施しています。

● ホームページ: https://fye.c.u-tokyo.ac.jp/

制作ポイント
  • コミュニティモジュール
    NetCommons は「ルーム」を使用することで、情報共有の場を提供する仕組みを持っています。 しかし、「ルーム」は基本的には管理者のみがコントロールパネルで作成するものとなっています。つまり、情報共有の場は管理者に依頼しない限りは一般の会員には提供されない仕組みです。 このことは情報共有(=コミュニティ)の活発な活動の妨げの要因になりかねません。 コミュニティモジュールは、この「ルーム」の作成、管理が一般権限の会員にも行えるよう、上記のハードルを取り除く仕組みのものです。
    ・一般画面でサブルーム(=コミュニティルーム)を作成するインターフェースを一定の権限以上の会員に提供します
    ・作成されるコミュニティルームは一定のモジュールが自動的に配置された状態で作成されます
    ・通常のサブルームにはない「参加承認申請」「参加受付」機能を持ちます
    ・コミュニティルームの参加者管理も、管理画面に入ることなく一般画面で操作できる機能を持ちます

会員同士でどんどんと交流を深めてもらいたいが、管理者がルーム管理の作業に追われるのは困る....というお悩みをお持ちの運営者の方に是非お勧めします!

  • 操作マニュアル
    NerCommonsでは権限により使用するモジュールが制限できるため、ユーザによりサイトの使い方が変わってしまいます。 そのような操作の違いを考慮し、今回は各ユーザー権限ごとの操作マニュアルを作成させていただきました。 権限ごとにマニュアルを作成することで、掲載する情報が絞り込まれるため、ユーザーがどの部分に注目すべきかが示す事ができます。また、ユーザーにとっても不必要な情報がないため、操作マニュアルを一通り見ればサイトが使用できる状態になります。 デザインにつきましても、サイトのイメージに合わせ作成させていただきました。 ビジュアルイメージを統一することにより、このサイトの操作マニュアルということを一目で印象づける事ができました。
作業概要
  • モジュール作成
  • 操作マニュアル作成